心の悩み/症例・お喜びの声

原因不明の「食欲不振」の漢方症例

食欲も出て、気分良く過ごせるようになりました!

大宮さいたま市の漢方相談専門!いわい薬局です!

今日は当店のお客さまの症例をご紹介します。

20代 男性 学生

数か月前から気分の浮き沈みが激しくなり、イライラや不安が気になるようになった。

特に最近気になっているのが、「食欲がない」点で、体重も2~3キロ落ちてしまった。

夜の眠りもイマイチで、胸の不快感(締め付けられるような感覚)で目が覚めることもし
ばしば。そこからしばらく寝付けない。

最近はスッキリと朝を迎えた日も少なく、1日中やる気がでない。

特別大きなストレスがあるわけでなく、病院なども通ったが原因は不明。(一時期、心の
お薬を飲んだが改善されず)

高校までテニス部で毎日運動していたが、大学に入り運動量は減っている自覚がある。

丁寧な聞き取りの結果、お体に合わせたお薬をご提案。適度な運動とバランスのとれた食
事の方法もアドバイスさせていただきました。

1か月後…漢方を飲み始めてから、1~2週間で気持ちが楽になった感じがした。食欲も以前よりよく、食べることができている。ランニングを始めた。

2か月後…テスト期間もあり一進一退だったが、以前よりも安定している。

3か月後…季節の変わり目は不安定な時期も多かった。お薬を見直して継続。

4か月後…まだ浮き沈みはあるが、体重は元に戻った。

5か月目…今までで一番気分よく過ごせている。食欲もある!

半年が経過するタイミングでお薬は終了。ご本人も不安はないとのことでした。

改めて症状が出てしまったら、すぐにご報告をいただくようお約束しましたが、今のところ連絡はないようです。