悪性腫瘍・血液疾患/症例・お喜びの声

卵巣がん治療後の痺れ症状の改善例

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
60代 女性 
 
昨年夏に卵巣癌により卵巣と子宮を摘出。
 
しかしその後、腹膜播種(卵巣からおなかの中を覆う”腹膜”に卵巣癌細胞がばらまかれたように広がる転移の一種)が見られ抗がん剤治療を開始。
 
4回目の抗がん剤を使用した辺りから、手足の痺れ、体の倦怠感、手先に力が入らない感覚が現れる。
 
抗がん剤の副作用もツラい為、自覚症状の緩和を目的にご来局。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
病状は決して良好ではありませんでいたが、ご本人はとても前向きで穏やかな性格。
 
少しでもお役に立てればと思い、免疫関係の健康食品と古来より「痺れや麻痺」に使われる漢方処方を煎じ薬でご提案しました。
 
服薬を開始して一ヶ月半経過したころから、痺れの感覚が減っているとのご報告がありました。
 
以前は冷たい水に手をつけることが特にツラく、家事もできる限り避けていたようですが、洗い物をできるまで回復。
 
シャツのボタンもつかめるようになり、洋服を着るのに時間がかからなくなったと喜んで頂きました。
 
ただし、まだまだ症状は残っているようで、完治には至っていません。少しでづつでも生活の質を高め、ご本人様の生きる力につながればと思っています。(お薬代:一ヶ月約6万円)