悪性腫瘍・血液疾患一覧

卵巣がん治療後の痺れ症状の改善例

昨年夏に卵巣癌により卵巣と子宮を摘出。しかしその後、腹膜播種(卵巣からおなかの中を覆う”腹膜”に卵巣癌細胞がばらまかれたように広がる転移の一種)が見られ抗がん剤治療を開始。4回目の抗がん剤を使用した辺りから、手足の痺れ、体の倦怠感、手先に力が入らない感覚が…
記事のつづきを見る