心の悩み/症例・お喜びの声

脱力感・気分の浮き沈み・不眠の改善例 

10代 女性

3年ほど前より首から下に脱力感を感じ、力が入りづらくなることが増えていました。

常に力が入らない訳ではなく、調子が良い日もあれば、座っているのがツライ日もあり…

心と体が連動し、落ち込みが強い時ほど、体もコントロールが難しい状態。

階段の昇り降りやシャワーを浴びることにも支障がでており、気分の落ち込みや不眠、生理前の過食などの症状も気になっていました。

(その他、頭痛、眩暈、肩こりなどアリ)

その後、不調の程度が日に日に重くなっていた為、近所の病院を受診。しかし、ハッキリとした原因は分かりませんでした。

病院からは安定剤や睡眠薬が処方されましたが改善されず、いくつかメンタルクリニックや薬局を渡り歩き、たまたまホームページを見たことをきっかけに当店へご来局されたそうです

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

初回はじっくりとお話をお伺いし、今までの経緯や服用薬などを確認させていただきました。問診内容から煎じ薬、補助薬(2種類)をご提案し、二週間様子を見ることに…

二回目のご相談にて

「初めは体に変化を感じなかったが、ここ2日は体に力が入りやすい」

との感想を頂き同じ内容をお続けいただきました。


ただし、その後は一進一退の状態が一ヶ月程続きます。

4回目のご相談で改めて現状を見直し、初回の漢方薬と少し内容を変えたことをきっかけに、体のだるさや気持ちの浮き沈み、寝つきの悪さなどが解消されてきます。

ご本人様にも笑顔が増え、長かったトンネルを抜け出す兆しが出てきました。

何よりも喜ばしいことは、休学中だった学校に通えるようになったこと。まだお休みする日もありますが、体調が悪くなければ、前向きに通う気持ちが出来ているそうです。

まだまだ完治には時間はかかるかもしれませんが、彼女の未来は一歩ずつ前進出来ていると思います。