心の悩み/症例・お喜びの声

長年の強迫性障害に悩む男性の漢方症例

 「強迫性障害」に悩む男性からご相談を受けました。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
30代 男性 病院での診断名「強迫性障害」
 
仕事を始めた10年ほど前から不安や恐怖を感じるようになりました。
 
また、水の蛇口を締めたか?など日常生活の中で必要以上に「確認」をしなければ気持ちが収まらず困っています。
 
調子が良い日はあるものの、ほぼ毎日のように頭がボーっとしやすく、モヤモヤ感がある。
 
身体に余計な力が入りやすく疲れやすい。
 
日中のトイレの回数が多い。
 
音楽が好きなので、ライブなどにも行きたいが、不安もあり気が進まない。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
お話し中はとても穏やかで、優しい印象を受ける男性でした。
 
問診の結果、自律神経の調整をする漢方薬と補助剤を2種類ご提案。
 
2週間後…大きな変化はなかったようですが、頭のモヤモヤ感が減った気がするとの感想を頂けました。
 
さらに3週間後…劇的な変化ではないが、全体的に体調の良い日が出てきているとのこと。
 
現在2カ月目…ご自身の「治りたい」という意思がしっかりしている。
 
まだライブに出かけるほどの気持ちにはなれないようですが、一歩一歩焦らずに調整を続けていただこうと思います。
 
今後の変化が楽しみです。
 
(1ヶ月のお薬代:約20,000円)